「あなたのからだに優しい治療」ひらかわ歯科医院

ブログ

新年のご挨拶

2016.01.01

ひらかわ歯科医院の院長平河です。明けましておめでとうございます。皆さんはどのようなお正月をお過ごしでしょうか?僕は子どもたちとそしていとこの子どもたちに囲まれ賑やかなお正月を過ごしています。昨年4月に開院し、あっという間の月日でした。その間本当にたくさんの方にご来院いただき、ありがとうございました。昨年を振り返り、感謝と同時にもっと皆さんのお役に立てるよう頑張らねば、と気持ちを引き締めました。「○○さんの紹介で来ました」「歯医者に行かなきゃと思ってたら近くにできたので、行くしかないと思って」「通り道で気になってたから」「ここなら優しく診療してくれそうだから」「子ども好きそうだから」など、当院をお選びいただいた理由は様々でした。毎日来院いただける皆さんに一生懸命診療にあたらせていただきました。信頼してお口を開けていただけることは本当にありがたいことです。当院を受診された方からは、「こんな説明初めて受けました」「ここまで丁寧に説明してもらえるとわかりやすいし、納得がいきました」「今まで持ち歩くだけの入れ歯が使えるようになってよかった」「食べれるようになったから、食べるのが楽しみになって、太...

大餅つき大会

2015.12.24

ひらかわ歯科医院の院長平河です。12月23日天皇誕生日。11時から高宮駅前噴水広場にて行われた大餅つき大会に子どもたちと参加してきました。昔母のお里で毎年年末にお餅を作ってたのでたまに参加していたのですが、その時は機械でついていました。ですので、今回杵と臼を使った餅つきだったので密かに心踊っていました。当日はあいにくの大雨でした。傘をさして目的のお餅のところに並びました。まずは、普段あまり食べない大根おろし。子どもたちは、きな粉餅でした。美味しい!やはりつきたてのお餅は柔らかくて美味しかったです。これは、子どもたちにもこの味は教えねばと、最初は、抵抗感を示していた子どもたちも一口食べたら、「あっさりして美味しいね」とペロリと平らげちゃいました。その後、お餅のつき手の募集の声かけがあったので、早速上の子を参加させました。1度目は、いやいや参加させたのですが、面白かったみたいで、もう1度やってみたいと自分から意欲を見せてくれて、もう1度参加させてもらいました。僕も、子どもたちにいいとこ見せようと参加しましたが、普段の運動不足からへっぴり腰でした 笑。それでもお餅はちゃんとつきあがったようで...

大楠校区こども会育成会様よりお礼状をいただきました。

2015.12.22

ひらかわ歯科医院の院長平河です。先日大楠校区こども会で、クリスマス会が行われたとのことです。それに際し、当院からささやかながら歯科グッズを提供させていただきました。子供たちへのものなのでお菓子やちょっとしたおもちゃが真っ先に浮かんだのですが、歯科医院ということで歯科グッズにしました。反応が気になっていたのですが、お母さん方には好評でしたとのお言葉を頂き、素直に喜びました。また、このようなお礼状を頂き、子供たちの楽しそうな顔が見れて、スタッフともこの喜びを共有しました。ありがとうございました。ひらかわ歯科医院は、皆さんの「かかりつけ医」から「いきつけ医」になりたいと考えています。地域の方々と少しでも交流したく、こういったイベントにはぜひとも今後も何らかの形で関わらせていただければと思っています。

第142回日本歯科保存学会2015年度春季学術大会

2015.06.25

ひらかわ歯科医院の院長平河です。6月25日に小倉で日本歯科保存学会春季学術大会があり、それにポスター発表という形で参加してきました。発表内容は、「再植治療」についてです。再植(再植術)とは、一度抜いた歯を、生着を意図して元の位置に再び戻すことです。条件さえ整えば、抜くしかないとあきらめていたご自身の歯も、噛むという歯本来の機能を取り戻せるようになります。再植は、ご自身の歯を可能な限り有効に活かす治療方法です。当院では、あなたのからだに優しい治療を提供するために、なるべく抜かない、削らない、残していく治療を提供していきます。上記の治療法はその一つです。さて、会場では、質問の時間が決まっていたのですが、興味を持っていただいた先生も多く、時間外にも関わらずご質問を頂き、うれしい限りでした。ライオンの方にまで、お声かけいただいたのは驚きでした。逆に、そういった中で学びをいただくことも多く、実りある1日となりました。当日は、顧問の椛島先生、学生時代の恩師中牟田先生も会場に駆けつけていただきました。発表ということで、非常に緊張していたのですが、非常に心強かったです。ありがとうございました。今日は、...