「あなたのからだに優しい治療」ひらかわ歯科医院

ごあいさつ

はじめまして、ひらかわ歯科医院、院長の平河貴大と申します。
どうぞよろしくお願いします。

ひらかわ歯科医院 院長・平河貴大
院長 平河 貴大
HIRAKAWA TAKAHIRO
■経歴
明善高校、九州大学農学部卒業。九州大学歯学部卒業。
九州大学病院にて研修後、ウェルカムデンタルクリニックにて研鑽。
開業に至る。
  
■所属学会
日本歯科保存学会
  
■連携医療機関
九州大学病院
日本赤十字社 福岡赤十字病院

2015年4月、南区大楠2丁目に「ひらかわ歯科医院」を開院いたしました。

口は、人間の健康、命を支える入り口であり、源です。
そのため、私たちは、健やかで楽しい人生を送るため、「口元からの健康」を考えます。
そして、次の3つの観点からあなたに合った治療計画を提案します。

  1. 1Cure(治療)よりCare(予防)
  2. 2あなたのからだに優しい治療
  3. 3自分の歯で健康長寿

さらにニュースキャン(説明)を行うことで、不調の度合いやパターンを把握した上で、一人ひとりの症状に応じた歯科治療を提供しています。
不調の原因が口腔以外にある場合には、医科への紹介を行う医科歯科連携の体制も取っております。

虫歯や歯周病は、歯や顎の骨などにダメージを与え、特に虫歯の治療は、虫歯の部分を除去するため、歯に穴があきます。
これに対して、埋めるや被せる治療をするのですが、元の状態に戻っているわけではありません。
これは、修復(治療)です。
このダメージの蓄積によって、将来的に歯の寿命が縮まる可能性があります。
うまく噛めないと、顎関節症、うつや認知症を引き起こす一因ともなり得ます。
そのため、口元からの健康を保つためには、予防に努める必要があります。

予防のためには治療だけでなく「セルフケアやメンテナンス」が必要不可欠でしょう。

メンテナンスの目的は異常の「早期発見と早期治療」です。
ただし、予防にとってメンテナンスだけでは不十分なため、普段からのセルフケアが重要になります。
当院スタッフは全員が有資格者で、専門的な知識を元に「改善点の指導」にも力を注いでおります。

虫歯になった、歯周病で歯茎が腫れた、歯を失った箇所は治療をしなければなりません。
まずは、きちっと心配のない状態にしていきましょう。その際、からだに優しい治療として、メタルフリーを提案します。
もし金属を使う必要がある場合には、硬さを抑えた金属も準備しています。

状態の悪い歯は、こまめにお手入れを行い、少しでも長く保存していきましょう。
やはり、ご自分の歯が1番食いしばれます。
これが、転ばぬ先の杖ならぬ、転ばぬ先の歯です。
ご自分の歯が多い方が、認知症を引き起こしにくいというデータも出てきています。目指すは健康長寿。

当院は、地域に根ざし、医科歯科連携を行えるよう日赤病院そばに開院しました。
また、皆さんが来院しやすいように、車イス対応の設計とし、駐車場を4台設けています。
診療室は、半個室で、広めにスペースをとりましたので、より快適に当院でお過ごし頂けると思います。
治療を行うことはもちろん「街の歯科相談窓口」としての役割を担いたいと思っており、マイナス1歳から高齢者、訪問の必要な方への対応準備もできております。
また、どんな患者様に対しても決して怒ったりはせず、丁寧な治療と説明をいたします。
「歯医者は怖い」というイメージを持たれている方も安心して通院できるように、スタッフ一同笑顔でお出迎え致します。
健やかなお口で今後の健口(健康)ライフを満喫しましょう。
これから私たちにあなたの口腔ケアをあずからせてください。

あなたと共に歩み、成長していくひらかわ歯科医院をどうぞよろしくお願いいたします。
あなたの生活を少しでも豊かにできるように尽力していきます。