「あなたのからだに優しい治療」ひらかわ歯科医院

予防歯科

予防歯科

当院が目指しているのは、歯を削らない・神経を取らない・歯を抜かないことです。
現代の日本において「歯医者は虫歯を治すところ」というイメージを持っている方が大半だと思います。 しかし、治療で歯を削るとだんだん自分の歯がなくなっていき、いずれは歯を失うことになる可能性が高くなります。 そうならない為にも、お口の中を健康な状態に維持することが大切です。

定期検診の重要性

虫歯や歯周病は初期段階では自覚症状がなく、痛みなどが出た時にはかなり進行している場合が大半です。
しかし、痛くない虫歯を自分で見つけるのは難しいと思います。
その為、当院では定期検診の重要性を皆様にお伝えしています。 専門的な知識を持った医師や歯科衛生士がレントゲンなどを使用し異常がないかを検査することにより、お口の中のトラブルを早期発見することができます。初期の状態だと通院回数が少なく、費用負担も軽くなります。

定期検診で行うこと

大人(中学生以上)の場合

口腔内チェック

虫歯が無いか、歯茎は腫れていないか、出血は無いか、などのお口の中全体をチェックします。 自分では見る事の出来ない隅々までチェックするので、新たな虫歯の発見になることもあります。

噛み合せチェック

上下の歯を噛み合せた時に強く当たっているところは無いか、本来噛み合う部分に適切に噛み合っているか などをチェックします。
噛み合せがズレていると歯や顎が痛くなるだけでなく、頭痛や肩こりの原因にもなるので注意が必要です。

歯周病検査

歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)の深さを測り歯周病の進行度合いを検査します。 自覚症状が無くても歯周ポケットが深いと、歯周病の危険性が高いので早期発見の為にも大切な治療です。

ブラッシング指導

場合により染め出しを行い、磨き残しが無いかをチェックします。
その際に効果的な歯磨きのやり方などを指導いたします。
予防歯科にとって日々のセルフケアがとても重要ですので、ここで自分の歯磨きの癖を知っておきましょう。

歯面清掃

専門の器具を使い「歯の表面・歯と歯の間・歯と歯茎の境目」についた汚れを落とします。 普段の歯磨きでは落としきることができない汚れを落とすことができるのでスッキリします。 一度プロのテクニックを知ると、歯面清掃のみで来院させる方もいらっしゃいます。

フッ素塗布

フッ素を塗り歯を強くします。再石灰化の効果も高まるので大人にもお薦めの治療です。

子供(小学生以上)の場合

ブラッシング指導

歯の染め出しを行い、磨き残しが無いかをチェックします。 子供の頃から1人で丁寧に歯磨きができるお子さんは少ないです。
上手な磨きを覚える事ができれば、将来的に虫歯になるリスクも 低くなります。

口腔内チェック

虫歯が無いか、歯茎は腫れていないか、歯並びは正常か、などのお口の中全体をチェックします。 乳歯の頃から虫歯が多いと永久歯に生え変わっても虫歯リスクが高くなるので、乳歯だからといって侮らずに注意が必要です。

歯面清掃

専門の器具を使い「歯の表面・歯と歯の間・歯と歯茎の境目」についた汚れを落とします。 ほぼ痛くないので、汚れが落ちるのはもちろん、歯医者に慣れる意味でも大切です。

フッ素塗布

フッ素を塗り歯を強くします。乳歯や生えたての永久歯は弱いので、歯を守ったり歯の質を強くするためにも、 子供の頃から定期的にフッ素を塗ることをお薦めします。

乳児(歯が生えてきた頃~1人で座れる頃)の場合

口腔内チェック

きちんと歯が生えてきているか、虫歯になっていないか、などを チェックします。乳歯の生えてくる順番は決まっており、きちんと生えてきているかは将来の歯並びにとって重要です。
専門的な事なので定期的にチェックを行いましょう。

フッ素塗布

フッ素を塗り歯を強くします。生えたての歯は弱いので、歯を守ったり歯の質を強くするためにも小さな頃から定期的に フッ素を塗ることをお薦めします。

食育などのお話

子供の歯のためにどんな食生活が良いかをお話します。
成長に合わせて食べる物が変わってくるので、お子さんの成長に合わせたお話を致します。
また、歯並びも小さな頃からの癖によって変わってくるので、大切なことをお伝えします。

食育への取り組み

人間はカラダのもとになる材料や生命のエネルギーを食べ物から摂取しています。
予防歯科で自分の歯が残ることによって五感を使った豊かな食生活を送ることができます。
生命の源…どのような食べ物を、どのようにいただくか?という事をしっかりと考え、大切にしていくこと。
人として最も基本的に重要なこの要素を教育としてとらえたのが「食育」です。