「あなたのからだに優しい治療」ひらかわ歯科医院

小児歯科

お子さんにとってはじめての歯医者さんは、お子さんのお口の健康を一生左右すると言っても過言ではありません。 そのためには、子供のお口のことをよく知っている、子育て経験のある先生に診てもらうということもひとつのポイントではないでしょうか。
院長は、3人のお子さんのお父さんでもありますので、ご安心いただけると思います。

歯科医院は「怖い所」だと思っているお子さんも多いと思います。 そんなお子さん達に歯科医院は「楽しい所」と思ってもらいたいと考えています。 その為、スタッフ全員で優しく丁寧な治療とお声掛けを行っております。また、キッズスペースを設けているので、兄弟や姉妹で来院される場合には、順番が来るまでの間に遊んで待っていることができます。パズル・ブロック・お絵書きなど、お子さんの想像力を養うおもちゃも用意しています。

小児歯科での治療内容

虫歯治療

虫歯に対しての必要な治療を行います。乳歯の場合は、他の歯や後から生えてくる永久歯に対して悪影響を及ぼす場合など、 必要に応じて抜歯も行います。

口腔内検診

虫歯になっている部分が無いか、歯の生え方に異常は無いかなど、お口の中の問題を探し、必要に応じて治療を行います。

口腔内清掃

専用の器具を使い、歯ブラシでは落とすことのできない部分の清掃を行います。

着色剤を使った磨き残しチェック

磨き残しのある部分に色を付けて、どれくらい磨き残しがあるかをチェックします。
体にとって害のない着色剤を使用しているのでご安心ください。

お子さんや保護者の方への歯磨き指導

磨き残しがあった部分を一緒に確認し、上手く磨けていない部分の磨き方を説明いたします。
保護者の方には仕上げ磨きのやり方などもご説明いたします。

フッ素塗布

歯の質を強くするためのフッ素を塗り、虫歯の「予防」を行います。

定期検診

定期的にお口の中全体の確認を行います。新しく虫歯ができていないか、歯茎に炎症が起きていないか、歯並びに異常は無いかなど、お口の中の問題を早期発見するための「予防」として大切な治療です。

床矯正

歯の生え方に問題が見られる場合は、床矯正という「子供専用の矯正」の説明をいたします。

子供の歯を守るフッ素の効果

フッ素は自然界に広く存在する元素で、半世紀も前から虫歯予防に用いられています。 お茶、海藻、魚介類などの食品に多く含まれ、歯を丈夫にする栄養素です。 歯の硬い部分とフッ素ががっちり結びついて、虫歯になりにくい歯を作ります。

 

虫歯にならない環境づくり

お口の中のバイ菌は3歳までに決まる

生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯菌どころか、バイ菌は一匹もいません。
しかし、生まれてすぐに色々なバイ菌や異物に触れることで体の中にバイ菌が入ってきます。
バイ菌と言っても赤ちゃんにとって良いバイ菌もいれば悪いバイ菌もいたり、また何の影響もないバイ菌もいます。 ここで大事なのはお口の中に巣を作るバイ菌がどんなバイ菌かということです。そして身体に定着するバイ菌には許容量があります。
その為、良いバイ菌がいっぱいな状態だと、悪いバイ菌が新たに入ろうとしてもスペースが無いので入れません。
お口の中のバイ菌はだいたい1歳半から3歳までに決まりますので、それまでの期間、次のことに注意されることを おすすめします。

ミュータンス菌を入れない

虫歯の原因となるのがミュータンス菌というバイ菌です。 ミュータンス菌は家族から移る事が多いと言われています。キスなどのスキンシップをしたり、大人の使ったお箸で赤ちゃんに食べさせたりたり、おしゃべりなどをする時に飛沫した唾液からも移ります。これらを完全に防ぐのはやはり難しいです。まず出来ることは、子供と接する機会の多い家族の方が一生懸命歯磨きを行い、お口の中のミュータンス菌を減らすことです。

甘いお菓子やジュースを与えない

虫歯の原因菌であるミュータンス菌。ミュータンス菌は糖分を栄養源としています。
そして、その糖分を餌にして歯を溶かす酸を出して、健康な歯を虫歯に変えてしまいます。
このミュータンス菌以外のバイ菌をお口の中の主役にするためには、3歳ぐらいまでお菓子やジュースを与えないことです。 そうして虫歯を作る能力の低いバイ菌がお口の中に定着したら、もうほとんど虫歯の心配はありません。
その為、3歳までは、甘いお菓子の存在を「見せず・与えず・知らせず」を徹底するとよいでしょう。 生きていく上で必要な糖分は朝昼晩の食事で充分に摂取できます。

諦めないで!

すでに甘いお菓子やジュースを覚えてしまったとしても諦めないでください。
たとえお口の中にミュータンス菌が定着しても、次のことを工夫すれば虫歯になるリスクを減らすことができます。

● おやつの場所と時間を決め、ダラダラ食いはさせない

● おにぎりや果物など、食事感覚のおやつにする

● おやつの後はお茶や水でブクブクごっくん

● 虫歯になりにくいお菓子の選択

なるべくお口の中に糖分を残さないことがポイントです。

みんなで協力

お母さん一人だけでこれらのことを頑張ろうとしても限界はあります。
おじいちゃん、おばあちゃんがお菓子を与えようとするかもしれません。
そんな時には、よく話をして理解してもらい、協力をしてもらうことが肝心です。
みんなで子供を虫歯から守っていこうとする雰囲気がとても大切です。

小児歯科のよくあるQ&A集

母乳でも虫歯になりますか?
母乳には乳糖という糖分が入っています。おっぱいをくわえたまま寝てしまうのは要注意です。
前歯が生えてきたのですが、歯と歯の間が離れています。大丈夫でしょうか?
乳歯は生後6か月頃に下の前歯が2本生え、次に上の前歯が2本生えてきます。
この時に歯と歯が離れて生えたり、少し傾いて生える場合があります。これは、隣の歯が生えてくると、それに押されて揃ってきますのでご安心ください。
心配な時は歯科医院へご来院ください。
乳歯が虫歯になっても永久歯が生えてくるので大丈夫ではないですか?
乳歯は一度に生え変わるわけではないので、乳歯であっても虫歯だらけのお口の中は虫歯になりやすい環境といえます。生え変わりたての永久歯は虫歯に対する抵抗性が低いため、その場合、永久歯も虫歯になりやすいです。乳歯の頃からむしばになりにくい環境を整えましょう。
フッ素を塗ったら虫歯になりませんか?
フッ素は歯の表面にカルシウムを沈着させて歯を強くしてくれます。
しかし、フッ素で歯を防御しても、万能薬ではないので、甘い物をたくさん食べたりダラダラ食事をしてしまったり、あるいは歯磨きを怠ると当然虫歯になってしまいます。
フッ素を塗ったからといって安心してはいけません。あくまで補助としての役割なので、日々の歯磨きを頑張りましょう。