「あなたのからだに優しい治療」ひらかわ歯科医院

入れ歯

入れ歯

歯を失ったり、合わない入れ歯を使い続けていると、不自然な噛み合せになり咀嚼が上手くできなくなってしまいます。 そして、残った歯に負担がかかり他の歯も寿命が短くなってしまいます。
入れ歯は食べにくいので邪魔だと思っている方や、我慢して合わない入れ歯を使っている方も多くいらっしゃると思います。
しかし、きちんと計算された技術や理論を元に入れ歯治療を行えば、問題は解決していくことができます。

入れ歯でこんな症状がございませんか?

  • ● 上の入れ歯が落ちやすい
  • ● 下の入れ歯が浮き上がりやすい
  • ● 入れ歯で食事がうまくできない
  • ● 食べ物の温度感覚が鈍い
  • ● しゃべる時に滑舌が悪い
  • ● 銀色のバネ(留め具)が目立つ
  • ● 義歯を支えるバネが増えた
  • ● 入れ歯が頻繁に割れる
  • ● どちらかの歯がよく擦り減る
  • ● 残っている歯が揺れてきた
  • ● 唾液が出ない、口が渇く
  • ● 口が臭う
  • ● 担当医から残っている歯を抜いて、インプラント治療を勧められた

入れ歯の種類は豊富で、あなたの状況に合わせた提案を行います。
部分入れ歯や総入れ歯など、現在お持ちの入れ歯に違和感がある方や検討中の方は当院にぜひご相談ください。

受診の流れ

  • ①ご予約

    まずはお電話にて受診のご予約をお願い致します。

  • ②相談

    院長が直接お時間をかけて患者様のご希望をお伺いいたします。

  • ③検査・診断

    上下の歯型取り、口腔内写真撮影、歯周検査など検査を行います。

  • ④説明

    検査結果をもとに義歯治療に関する計画とスケジュールのご説明を致します。

  • ⑤治療開始

    計画をもとに義歯治療を開始します。

費用について

  • 部分入れ歯

    保険適用3割負担の場合
    約5,000円~ ※失われた歯の本数によって費用が異なります。

  • 総入れ歯

    保険適用3割負担の場合 約5,000円~ ※失われた歯の本数によって費用が異なります。

入れ歯も医療費控除の対象になります

医療費控除とは、自分や家族のために、年間10万円を超える医療費を支払った場合に、確定申告をすれば、一定の金額の所得控除を受けることができる制度のことです。

部分
入れ歯
失った歯が1本だけの場合から、残った歯が1本だけの場合まで対応が可能です。 部分入れ歯は残った歯にバネをかけて安定させます。一般的にバネをかける歯の削る部分が少なくてすむので、ブリッジ(連結した被せ物)で対応できない場合や、残った歯を削りたくないという方に適応されます。
総入れ歯
上下どちらか、もしくは上下両方の顎で歯が1本も残っていない場合に適応されます。 合成樹脂の土台に人工の歯が並んでおり、噛み合わせや審美性を回復させることができます。
保険適用のものから自費作成のものまで材質は様々ございます。

訪問診療での作成も承ります

歯科医院への通院が困難な方は訪問診療にて入れ歯を作成いたします。
今まで通院ができないために、自分のお口にぴったり合った入れ歯を諦めていた方のお力になれます。
また、ご家族の方の送迎などの負担も減らすことにもなります。

ご相談・お問い合せはこちら

9:00~13:00/14:30~19:00(土曜17:00まで)
水曜・日曜・祝日休診

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯

「ものを噛む」という最低限の機能を目的となっております。
保険が効きますが噛み心地や見た目に限度があります。

メリット
  • ・費用が安い
  • ・早くできあがる
  • ・壊れても修理がしやすい
  • ・どんな方にも対応しやすい
デメリット
  • ・使用する素材に制限がある
  • ・食事の際に味や温度が感じづらい
  • ・壊れやすく、汚れやすい
  • ・保険制度の関係で、作り直しには半年以上の時間を空けないといけない

自費の入れ歯

保険適用外の技術と素材を使い作る入れ歯です。しっかり噛むことを目的に質の高い食事を目指します。 耐久性、審美性、快適さなどオーダーメイドできる入れ歯です。
長い期間、身体の一部として使用するものなので、費用は割高にはなりますが選択する方も多くいらっしゃいます。

メリット
  • ・患者様に合わせて細かく調整できる
  • ・しっかり噛める
  • ・見た目が美しくできる
  • ・食事の際に味や温度を感じやすい
  • ・耐久性に優れ、汚れにくい
デメリット
  • ・費用が高い
  • ・完成までに時間が掛かる場合もある