0925151550

診療時間 / 9:30~13:00 14:30~19:00
福岡県福岡市南区大楠2-12-24 Tグランド平尾1階

MOUTHPIECE

マウスピース型矯正(インビザライン)について

マウスピース型矯正(インビザライン)とは

マウスピース型矯正(インビザライン)は、透明なマウスピースを使用した矯正方法です。一人ひとりの歯に合わせたマウスピース型矯正装置を使用し、少しずつ歯を動かして矯正をしていきます。歯が動いていくのに合わせ、定期的に新しいマウスピースに交換を行い、理想的な歯並びへと導きます。

一般的な矯正との違い

一般的に多く用いられている矯正方法は、歯の外側に金属やセラミックを装着する方法が多く、自由に取り外すことができません。また、口を開けると矯正装置が見える為、矯正していることがわかります。その点、マウスピース型矯正(インビザライン)は透明で目立ちにくく、自由に取り外しが可能です。
食事やはみがきの際は取り外して使用をすることで、日常生活において矯正治療の負担を軽減することができます。

マウスピース型矯正(インビザライン)のメリット

矯正をしていることを気づかれにくい

金属やセラミックを装着する矯正では、周囲の他人に矯正をしていることがわかりますが、マウスピース型矯正(インビザライン)のマウスピースは透明な為、矯正していることを気づかれずに生活ができます。

矯正をしていても、好きなものを食べられる

マウスピース型矯正(インビザライン)は取り外しが可能です。食事の際は取り外して食事をするので矯正装置を気にすることなく、好きなものを食べることができます。

歯をしっかり磨くことができる

取り外せない矯正装置の場合、金属部分を気遣いながら歯磨きをする必要がありますが、マウスピース型矯正(インビザライン)は取り外して歯磨きができるので、しっかりと歯を磨くことができます。

通院回数が少ない

マウスピースの交換がご自身で可能な為、自身で装置を取り外すことができない矯正に比べて通院回数を減らすことができます。

痛みが少ない

マウスピース型矯正(インビザライン)は歯が動くのに合わせ、新しいマウスピースに交換を行い、少しずつ歯を動かして矯正をしていきます。一度に歯を動かす範囲が狭いため、痛みが少ないのも特徴です。

マウスピース型矯正(インビザライン)のデメリット

すべての症状(ケース)に対応ができない

歯を動かす範囲が大きいケースなど、症状次第では対応ができない場合があります。詳しくは検査を行い、治療の方向性を決めていきます。

自己管理が大切

規定時間以上、装置を取り外してしまうと計画通りに矯正が進みません。装着時間はご自身で管理をしていただく必要があります。

マウスピース型矯正(インビザライン)はこんな方におすすめ

  • 食べることが好きな方
  • スポーツが好きな方
  • 接客業など、人前に出ることが多い職業の方
  • 歯医者に通う時間が中々取れない方
  • 周囲に気づかれずに矯正をしたい方

マウスピース型矯正(インビザライン)の流れ

  1. Step01検査

    治療計画・マウスピース作成のために、レントゲンや口腔内の撮影を行います。インビザライン専用のデジタルスキャナーでお口の中をスキャンし、歯の形や歯列などのデータを取っていきます。スキャナーを使用するので、むにゅっとした不快な印象取りや痛みなどはありません。スキャンの時間は10分程度で終了します。

    検査費用 0円

  2. Step02マウスピースの作製

    スキャンしたデータを3D治療計画ソフトウェアに取り込み、患者様の治療計画を立てていきます。おおよその治療期間や最終的な歯列の位置の予測を立てることができます。このデータから実際にマウスピースを作製します。

    検査費用 0円

  3. Step03治療開始

    できあがったマウスピースを患者様にお渡しします。マウスピースは毎日装着していただきます。お食事や歯磨きの際には取り外すことができるので、口腔内を清潔な状態に保つことができます。マウスピースを徐々に新しいものに変えて歯を動かしていくため、定期的にマウスピースを交換する必要があります。交換の目安は1週間~2週間です。

    検査費用 0円

  4. Step04定期的な通院

    定期的に通院いただき治療経過を観察し、歯列のチェックや何かお困りごとがないか確認します。最終的な段階まで歯が動いたら矯正は終了です。しかし、矯正が終了したからといってそのままにしておくと、歯が元の歯列に後戻りしてしまいます。そこで、リテーナーという保定装置を使用して、矯正したきれいな歯列を保ちます。保定期間は症例によって異なります。

    検査費用 0円

iTero element(アイテロ エレメント)

当院では、マウスピース型矯正(インビザライン)の治療に使用するiTero element(アイテロ エレメント)を設置しています。
この装置を使い口腔内スキャンをすると、歯の立体的なデータを取ることができ、歯型を取らずして最新のマウスピースの制作が可能です。歯が動くのに合わせて何度も歯型を取る必要がありません。瞬時に歯の詳細なデータをとることができる為、この装置を利用することで矯正の通院回数を減らすことができます。

ページトップへ