「あなたのからだに優しい治療」ひらかわ歯科医院

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療を目指して

当院では治療中の痛みを少なくするために、麻酔にも工夫をしております。

最初に行う処置だからこそ、、、
「歯医者さんで麻酔」と聞くと、
皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
苦手な方もあるいはそうではない方もいらっしゃることでしょう。

当院では、少しでも麻酔時の痛みを緩和するために以下の事に配慮しています。

  • image

    表面麻酔

    針を歯ぐきに刺入する際痛みが生じます。
    刺入部位の歯ぐきに表面麻酔を事前に塗布することで、その痛みの軽減を図ります。表面麻酔を行う際は、口内に麻酔液が流れないようにし、唾液を遮るためのガーゼとコットンを入れて行います。
    主にお子さんや歯科麻酔が苦手な方に行っています。

  • image

    細い針を使用

    当院では、33G(0.2mm)の針を使用しています。
    通常の歯医者さんで使われる麻酔針の太さは27ゲージ(0.4mm)か30ゲージ(0.3mm)と言われています。
    針が細いほど抵抗なく歯ぐきに針を入れることができますが、麻酔を注入する時の力が必要になるからです。
    当院では痛みの軽減を優先し、細い針を使用しています。

  • image

    歯茎を引っ張る

    え?そんなこと?
    と思われるかもしれませんが、針を抵抗なく入れるためには重要なことなのです。
    指で圧力を掛けることで痛みを分散し注射の瞬間の痛みを小さくすることができます。

  • image

    2回に分けての麻酔

    当院では、一度に十分量の麻酔をするのでなく、1度少量の麻酔液を注入し、麻酔が少し効いたら残りの必要分の麻酔を行います。また、ゆっくりと痛みを生じにくい速度で一定量の麻酔液を注入することで「麻酔液の注入時の痛み」がないように心掛けてます。

「初めて麻酔が痛くなかった」という声を頂いたり、
当院で麻酔デビューしたお子さんもいらっしゃいます。
麻酔は、痛みを伴う治療の際、最初に必要な処置です。

logo