0120-761-818

診療時間 / 9:30~13:00 14:30~19:00
福岡県福岡市南区大楠2-12-24 Tグランド平尾1階

カテゴリー:

ブログ

歯の健康に良い飲み物、悪い飲み物とは?

こんにちは。ひらかわ歯科医院 相川です。

冬は当たり前ですが、寒いですね。感覚的にこれまでの寒さより寒さの程度が増しているように感じていますが、みなさんはいかがでしょうか。あったかい飲み物を飲みたいこの季節、熱燗を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は歯の健康に良い飲み物、悪い飲み物について紹介します。

歯の健康にいいかどうかの分かれ道は、その飲み物に含まれる糖分とその性質です。ここでいう性質とは、pH値で表される、酸性アルカリ性の度合を指します。pH7.0だと中性、7.0より小さいと酸性、7.0より大きいとアルカリ性に分類されます。私は小学校で習った記憶があるのですが、みなさんいかがでしょうか?

端的に言ってしまえば、歯の健康を守るためにも酸性の飲み物の摂取は控えましょう。それは、おおよそpH5.5の飲み物を摂取し続けると歯が溶け始め虫歯のリスクが上がってしまうからです。これを踏まえて、以下に飲み物の具体例を紹介していきます。あくまで、続けたらなので、このリスクを知って飲み方に気を付けていただければ結構です。

・歯の健康に良い飲み物(pH6.0以上のもの)

お茶(緑茶)、牛乳、ミネラルウォーター

お茶の中でも特に緑茶は虫歯予防効果のあるカテキン(ポリフェノール)、フッ素が含まれていますのでお勧めです。

牛乳はカルシウムを多く含むため歯を強くする作用があります。ちなみにビタミンCも同時に摂取すると、そのカルシウムが骨に定着しやすくなります。

⚠️お茶は茶しぶによる着色汚れの原因になったり、牛乳は乳糖という糖が含まれてますので虫歯の原因になったりしますので、飲んだ後は必ず歯磨きをしましょう。すぐに歯磨きできない場合でも、飲んだ後に水ですすいでもらうだけでも上記のことを避けやすくなります。

・歯の健康に悪い飲み物(pH5.5以下のもの)

炭酸飲料、ジュース、レモン水、スポーツ飲料、お酒など

知らず知らずのうちに口にしているものでも、その特性を知っておくと、その選択方法が変わってくると思います。今回取り上げませんでしたが、ヤクルトなんかは砂糖が多く含まれるため、腸への健康増進にはいいのですが、飲み方に注意が必要です。歯の健康を守るためにも食べ物だけでなく飲み物にも注意されてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ