「あなたのからだに優しい治療」ひらかわ歯科医院

【ホワイトニング】テトラサイクリンで変色した歯とはどういうことですか?

2018.10.10

テトラサイクリンとは抗生物質の一種です。
呼吸器疾患、皮膚疾患などに使用されています。

テトラサイクリン系の抗生物質は、
0~12歳の頃に服用すると歯の象牙質に着色を起こしてしまいます。

その程度は人によって様々ですが、黒に近い色の方もいらっしゃいます。